健康診断について

健康診断

生活習慣病などの病気の重症化を防ぎ、健康に長生きするには、定期的な健康診断が欠かせません。バランスの取れた食生活や適度な運動などのセルフケアも重要ですが、自分自身の努力だけで疾病リスクを十分に下げることは出来ないのです。

そのため、定期健診によって病気を早期発見し、早期治療に繋げることが大切となります。当クリニックでは、労働安全衛生法に基づく雇入時の健診や定期健診、地方自治体の特定健診のほか、各種自費健診も受け付けております。お電話や電子メールにてお気軽にご相談ください。

雇入時の健康診断について

事業者は、常時使用する労働者に対し、下記の項目について、医師による健康診断を受けなければなりません(労働安全衛生規則第43条)

  • 既往症、業務歴の調査
  • 自覚症状、および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、視力、聴力の検査、および腹囲の測定
  • 胸部X線検査
  • 血圧の測定
  • 貧血検査(血色素量、赤血球数)
  • 肝機能検査(ALT、AST、y‐GT)
  • 血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
  • 血糖検査(空腹時血糖、またはHbA1c)
  • 尿検査(尿中の糖、および蛋白の有無の検査)
  • 心電図検査

企業の定期健診について

事業者は、年に1回(深夜業や坑内労働などの特定業務従事者は年2回)以上、定期的に下記項目の健康診断を行わなければなりません(労働安全衛生規則第44条)

  • 既往症、業務歴の調査
  • 自覚症状、および他覚症状の有無の検査㎏以上増えた
  • 身長、体重、視力、聴力の検査、および腹囲の測定
  • 胸部X線検査、および喀痰検査
  • 血圧の測定
  • 貧血検査(血色素量、赤血球数)
  • 肝機能検査(ALT、AST、y‐GT)
  • 血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
  • 血糖検査(空腹時血糖、またはHbA1c)
  • 尿検査(尿中の糖、および蛋白の有無の検査)
  • 心電図検査

※身長・腹囲、胸部X線、喀痰、貧血、肝機能、血中脂質、血糖、心電図の各検査については、医師が必要でないと認めた場合には、省略することが出来ます。

特定健診について

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防と改善を目的として、40~74歳の全ての被保険者・被扶養者に対して行われる健康診査です。腹囲や血糖値、中性脂肪値、血圧、喫煙歴などをもとに判定し、メタボ該当者や予備群の方には特定保健指導(積極的支援、動機づけ支援)が行われます。

自費健診

何ら症状がないときに、健康診断を目的として検査を受ける場合は、健康保険を使うことはできませんので、自費で行うことになります(検査項目はご自身で選択できます)。

※自費健診の結果、何らかの疾患が見つかった場合は、以後、その病気の診療について健康保険が使えます。